メッセージ

  • 会長あいさつ
  • 代表あいさつ
  • 人事部長あいさつ
  • 採用スタッフより

執行役員 人事本部長 丸山 雄二

人事制度をはじめ、組織として必要な制度や仕組みを整備して強い組織体系をつくる。そのために上場を目指すこのタイミングでMDIに入社しました。当社は若い会社ながら、驚くほどの速さで成長をつづけていて、上場に向かって今後もその流れは継続するでしょう。まず着手すべきは、経営陣の考え方が社員ひとりひとりに伝わっていて且つ、現場で起きていることがちゃんと経営陣にも共有されている状態をつくること。まずは各部門、各ユニットリーダーが起点となって徹底する。簡単なようで難しい。ただ当たり前のことを体系化して日々徹底すれば決して難しいことではありません。基本の徹底です。上場を目指す今が組織体系を整える絶好の機会と捉えています。逆に今やらなければならないことでもあります。

MDIにはさまざま部署、職種があってそれぞれ役割も目標も当たり前ですが違います。ただ、組織として最終的な目標や目的は同じですから、ひとりひとりの動き方がわかっている状態が理想ですね。例えば、個人が持つ目標を達成することが組織にとってどういう価値を生むか、という指針をまず提示する。本人のやる気にもつながるでしょうし、結果だけでなくプロセスも評価できるようになる。評価は正当にされなければなりません。評価についての仕組みはまだ改良の余地がありそうです。これまではその環境が盤石でなくてもやってこられた。こられてしまった、と言ってもいいのかもしれません。勝手に、と言ったら語弊がありますが、人も成長してきたし、業績も右肩上がりを続けている。それが急成長企業というもの。ただ、いつまでもこのまま成長するわけではありません。成長には理由があります。それを仕組みにする。

やれるところからでいうとまずは研修です。職階ごとに身につけるべきスキルを研修でしっかり身につけ、必要な資格は全面的に支援する。人の成長と業績を伸ばす仕組みをつくれば、組織は有機的に機能する。さらに、働き方もレベルアップしなければなりません。具体的には、限られた時間で、同じかそれ以上の結果を出すこと。経営陣が日々メンバーに声がけすることで徐々に浸透しています。まずはマインドを変えるところから。そう考えると毎朝の朝礼が非常に重要で、各部署の進捗を共有できるということもありますが、経営TOP自らが上場に向けた意識改革を毎朝発信している。顔をつき合わせて、直接メッセージを受けとることが大切です。私たちのビジネスにも通じます。

組織づくりの最終ゴールは永く働ける仕組みをつくることに尽きると思うのです。完璧な組織や会社というのはどこにもないので、社員の声を取り入れ改善し続けていくことです。幸いなことにまだまだ密度濃くやりとりができる規模感。給与体系も含め、永い目でどれだけ頑張っていけば、自分はどう成長できるか、という道を明確に示すことで、社員全員が仕事に対するやりがいを持ってもらえたらと考えています。これからも間違いなく成長し、組織はどんどん拡大していきます。それはつまり、一人一人にかけられた期待は大きいということ。だからこそ自分が組織の一部ではなく、組織にどうインパクトを与えているかを明示することが非常に重要だと思うのです。新卒でも同じです。特に中途のみなさんには単なる活躍ではなく、即エースとして活躍してほしいと切に思います。なぜなら、それだけの活躍の場があるからです。主体的で、スピーディな動きができることが絶対条件ですが、上場を目指している今という機会がご自身のキャリアアップの最大のチャンスかもしれません。だから早い段階で加わっていただけたほうが、活躍の幅はグッと広がるはずです。