職種紹介

  • 提案営業
  • 用地仕入
  • 施工管理
  • 設計
  • リーシング
  • 賃貸管理

不動産のエキスパートをつくる。

自社ブランドである「LivLi」(木造・軽量鉄骨造)を中心としたアパートの施工管理を行う事。ただ現場を動かすだけではなく、提案の段階から営業や設計と深く係わり合いながら進めていくのが大きな特徴。ご契約頂いた物件の見積もり作成のための打ち合わせに参加したり、現場状況を確認しながら、設計と一緒にプランニングしたり。まさに「チームMDI」で一から創り上げていく仕事です。

調査・プランニング設計

ご提案中のオーナー様の土地に建物が建てられるか調査します。また営業に同行して工事責任者としてプランニングにも参画し、オーナー様に直接ご説明する場合もあります。

工事計画・準備

建築許可が下りたら具体的な工事計画を練ります。準備、施工図面を基に営業や設計部と打ち合わせします。同時に電気など設備関連の協力会社とも打ち合わせを行います。

検査・お引き渡し

平均工期が着工から竣工までで約150日。法制を遵守し工期内にオーナー様や入居者様に満足して頂ける建物を引き渡すことが重要な役割です。

現場管理

工事に必要な資材を調達します。現場の工程管理、予算や安全、品質面の管理などやるべきことは多岐にわたります。

工事部 課長 横手 秀策

任せること。これが成長の近道。

14名の部下がいますが、うち10名が新人です。営業チームの契約件数が年々増していて、そのスピードに工事部の人員が若干、追いついていない。新人であっても、現場は待ってくれないのでやるしかない。だから成長スピードは早いと思います。新人でも上達の早いメンバーには、ひとつずつ仕事を任せていきます。現場を任せることだってある。中には自分の父親と同じくらいの年齢の職人さんもいる中で、大学を出たばかりの彼らでも現場を仕切っていけるように、しっかりフォローします。何も難しいことを要求するわけではありません。年齢や経験の違いはありますが、現場は人と人。あいさつからはじまり、ちゃんとコミュニケーションがとれること。それさえきちんとできていれば現場は順調に稼働する。今年の新人はみんなかわいがられていますね。業者さんの安全大会等の社内イベントにも誘われたりしているそうです。

昨対の1.5倍、建てる必要がある。

MDIの工事部は1つの現場に常駐することはなく、複数の現場を同時に担当します。
また、工務店、電気、設備、ガス、外構と5つの協力会社をすべて自分で手配するので、自らガンガン入っていかないと現場をまとめられない。人としてのコミュニケーションが取れたら次のステップがまとめる、仕切ること。ちょっとふてぶてしいくらいが丁度いいのかもしれませんね。経験値がものをいうスキルですが、会社の成長と合わせて契約件数も増え、私たちが建てる件数も年々ものすごい勢いで増えてつづけていますからすぐに身につくでしょう。昨年の約1.5倍のペースで工事件数は増えています。

もはや、家族のような存在。

数値目標もさることながら会社が毎年チャレンジしがいのある方針を採ります。若い会社ならではの魅力だと思います。例えば、出張用等の宿泊施設を手掛けるなど、ビジネスの幅も広がっています。資格支援など制度関係は他社と同じような基準だと思いますが、MDIの工事部はたとえば今日入社した人でも、もう何年も前から知っている者同士のような、そんな関係になります。転職してきた人はみな、口を揃えて言いますね。工事という特殊な環境だからかもしれませんが、とにかく結束が固い。家族のような存在です。工事部の目標をクリアしていくには、まだまだ人が足りません。家族の一員になってくれる人、私たちは心から歓迎します。

施工管理のここが魅力!

仕事紹介ムービー:施工管理編