Miyama Development International

社員紹介

杉本 輝

業界というより、MDIという会社に惹かれて。

大学は総合政策という学部で、企業のマネジメントなどを学んでいました。就職に関して言えば、ある意味、あらゆる職業に通じますので、同級生は教員になった人もいますし、メーカーの営業、スポーツジムのインストラクターなど、実にさまざまです。
私は不動産や建築の知識はほとんどなく、業界で選んだというより、MDIという会社の魅力に惹かれて入社しました。ホームページを見て興味をもち、学校からも推薦されていたので説明会に参加したのがきっかけです。そこで聞いたのが、社長や重役といった偉い方と社員の距離が近いことや、意見が通りやすく、社内全体の雰囲気がいいということ。それと、女性の事務職でありながら、早いうちから会社のさまざまな業務に広く携われるのも志望動機のひとつです。創立以来急成長していますし、社内に活気があって、なんだか面白そうな感じがしました。

ミスなく、効率よく仕上げることがやりがい。

入社時から業務部に所属しているのですが、仕事としてはご契約いただいてから引き渡しをさせていただくまで、全工程の進行管理です。営業との関わりがメインになりますが、すべての部署、工事関係者と関わっています。
いま、もう1人のスタッフと一緒に約40ほどの物件を担当しており、最初は営業担当のアシスタント的に、決められた書類の作成など与えられた事務仕事をコツコツしていればいいのかなと思っていました。でも、実際は各オーナー様の要望に沿った新たな覚書を自分の文言でつくるなど、自ら考え、動かなければ進まない仕事だった為、正直驚きました。もちろん、先輩にいろいろ助けていただきましたが、経理関連の書類などは金額が大きいのでプレッシャーでもありましたし...。いまは、それらの仕事をミスなく、効率よく仕上げることがやりがいのひとつです。

社内みんな仲が良く、女性も働きやすい会社。

この会社の良いところのひとつがコミュニケーション。私が所属している柏支店に同期は少ないですけど、千葉エリアにはわりといるので、仕事帰りに会ったりしています。同期をはじめ、社内全体みんな仲が良く、女性社員が多いのでとても働きやすい会社です。
それと私が素敵だなと思うのが、メンター制度。同じ部署の先輩が新人の担当となり、仕事のことを教えてくれたり、それ以外の話も聞いてくれるのですが、私のメンターがとてもいい方で。とても頼りがいがあり、仕事のできる素敵な上司でした。将来、私がメンターになったら、そんな上司のように指導ができるよう努力していきたいです。
不動産業界は男社会でいつも忙しい…というイメージが強いかも知れませんが、MDIはON・OFFのワークライフバランスがきちんととれています。私のように知識がなくても大丈夫ですので、ぜひエントリーしてください。

他の社員のインタビュー