Miyama Development International

社員紹介

土井 一輝

進化を体感できる、こんな会社は他にない。

高校時代、実家がリフォームするときに見た設計図。こんな紙に描かれたものから家が建つ!その奥深さに衝撃を受け、建築関係に進もうと決めました。大卒資格が取れる4年制の専門学校で主に意匠設計を学び、2級建築士を取得。
就活時にMDIを知り、説明会に参加しましたが、その内容に気持ちを揺さぶられたというか、鷲づかみされました(笑)。「我が社は今後めまぐるしく動く」「スピード感を武器に業務にあたる」「どう成長していくかわからない」みたいなニュアンスのことを話されていて、ものすごく刺激的でした。一般的な会社はシステム化された上下関係や年功序列、長い下積みのようなものが普通でしょう。でもMDIは早くからいろいろな仕事を任されたり、実力を重視すると言う。僕が入社を決めたのは、創立から若くして成長途中で、売上も大きいですし、今後の進化を体感できる。毎日ワクワクできそうなこんな会社は他にないと思ったからです。

MDIのスピードに、1日も早く追いつきたい。

いまの主な仕事は、プラン図作成といって、営業担当が持ってきた敷地にどんなアパートが建てられるかというプレゼンのための図面をつくっています。リレーにたとえれば第一走者で、肝心なスタートを任されているポジションですね。
敷地の面積や高低などの特性、条件をふまえたうえで作成し、営業担当がオーナー様のところへ。それで契約が決まったら、役所に申請する図面をはじめ、工事関係者用の細かい図面を設備課、構造課と打ち合わせしながらつくります。
設計能力や図面作成のスピードが学生と社会人で違うことはわかっていましたが、MDIのスピードは想像以上でした。先輩たちは、プラン図を1日2件以上書き上げてしまいますし、その後の図面作成や役所とのやりとりの手際良さには、いつも感心させられます。本来、新人には任せてもらえないような大切な仕事に携わらせてもらっていますし、早く先輩たちに追いつきたいです。

やりがいは、プラン採用とチームの一体感。

この仕事で重要だと思うのは、設計に関して言えば、オーナー様にも入居者様にも使いやすく快適なプランニングをすること。オーナー様にとっては大切な財産ですし、快適性に優れていないと入居者様に気に入ってもらえませんから。また、スケジュール管理に注力して、工程を遅延させないように心がけています。
やりがいは、自分でつくったプラン図で営業担当が契約できたとき。僕はラッキーなことに入社して最初につくったプランで契約できました。先輩にいろいろ教えてもらいましたが、とても嬉しかったです。
それと、いま僕のプランで建設している物件がいくつかあって、さまざまな関係部署とのチームワークによって完成しますが、その一体感もやりがいです。部内も社内も気さくな方ばかりでコミュニケーションがとりやすいので、すごく仕事しやすいですし、完成したときにチームみんなで味わう達成感は格別です。

他の社員のインタビュー